Back温故知新
松本民芸家具ロゴ
河井寛次郎

河井寛次郎(1890〜1966)
京都の陶芸家。1911年(明治44年)リーチの新作展を観て感激。以来親交を結ぶ。1921年(大正10年)「李朝陶磁器展」を観て宗悦を知る。1924年浜田を介して宗悦と会い、以後親交を結ぶ。宗悦により古民芸の美に目覚め、その心を自己の製作に生かし、用と密接に結びついた器物を製作。柳、浜田とともに日本民藝美術館(現在の日本民藝館)の設立に協力する。昭和28年より松本民芸家具を指導。

右:河井寛次郎からの葉書

河井寛次郎からの葉書
濱田庄司

濱田庄司(1894〜1973)
益子の陶芸家。1910年(明治43年)16歳の時リーチの作品を観て心ひかれる。1919年(大正8年)前年知り含ったリーチを干葉県我孫子窯に訪ね、宗悦と会い以後親交を結ぶ。共に民藝運動を推進する。1920年よりリーチと共に渡英。セントアイブスにて作陶。1923年帰国。益子焼の美しさを人々に知らしめる。昭和26年より松本を訪れ、以後松本民芸家具の指導をする。

安川慶一

安川慶一(1902〜1979)
木工家。1902(明治35)年、富山県立山町に生まれる。昭和2年、京都に柳宗悦を訪ね、このときから河井、芹澤、リーチ、濱田、棟方らとの親交が始まる。昭和7年に外村吉之助と書簡を通じて民藝運動の交友を始め、昭和20年、富山民藝協会を組織する。昭和23年から松本民芸家具の製作指導に協力、北陸銀行の家具一連の仕事をプロデュースする。昭和42年には池田三四郎の依頼により、富山県八尾町の農家を移築改築し松本民芸生活館とする全体設計を担当。また、池田三四郎と共に全国を歩き、古民藝を蒐集。高島屋にて『全国古民藝展』を開催。生涯に数多くの建築設計の仕事を手掛け、高く評価されている。

柳宗悦 バーナード・リーチ 芹澤ケイ介 河井寛次郎 濱田庄司 安川慶一 棟方志功 梅原龍三郎