道具は自分の手の延長。なくちゃはじまらない。
言ってみりゃ飯の種だな。 
職人:柴崎玄悟

道具1道具2

道具3道具4

道具5道具6

5・道具
家具を作る上でなくてはならない道具。新しい仕事が出るたびに道具を自分で作る。道具が作れて半人前。鉋だけでも百種類近くある。年期は道具立ての道具の数ですぐにわかる。

道具7

道具8

道具9

長いこと仕事すればするほどお客の目が厳しく
感じるようになったな。 
塗装職人:太田攻

塗装1塗装2

6・塗装
出来上がった生地の家具は、そこから塗装職人の手に委ねられ、最後の仕上げが施される。塗装は拭漆とラッカー塗装の二種類。どちらも長年の使用でさらに美しくなるよう、手塗りで最低8回以上丹念に塗り重ねられてゆく。

お客さんに育ててもらう。人に「人柄」があるように、
物にも「物柄」があるんだよ。 
会長:池田三四郎

完成

7・完成
塗り上げられた家具は、時にガラス、金具などを施され、一旦完了をむかえる。しかし私たちは、それよりさらに何十年と使い込まれ、よりその輝きが増したときこそ、やっとその家具の完成の時と考えているのである。
 
●パート1へ戻る