Back温故知新
松本民芸家具ロゴ
ミズメザクラ
ミズメザクラについて
 ミズメザクラとは、カバノキ科の落葉高木で本州、四国、九州の山地に広く分布しており、古くから広くいろいろな木工芸に使用されてきました。ミズメザクラは別名「梓」と呼ばれ、梓弓の梓はミズメザクラであるとされています。ミズメザクラには特徴的な虎の紋様のような杢目があり、これを「虎斑」(トラフ)と呼ばれています。ミズメザクラは、家具などの木工品の材料として非常に適しているとされていますが加工が難しく、それゆえ家具にするために熟練した技を要します。また、本来、山中に散在しているので、入手も困難であり、まして家具に使われる200年〜300年の歳月を経たミズメは、探すのも伐採して手に入れるのも難かしいものなのです。
 しかし、なぜ私達がミズメにこだわるのか、それは、堅く、粘り強く、狂いにくいこの材が長年の使用に耐え、使い込むごとに益々美しくなり、その存在感を増していくからなのです。
 加工が難しい材だからこそ研ぎ澄まされる技術。何世代にも渡り、喜びを持って使い続けられる家具作り。その材料として古来より百木の長と詠われたミズメザクラが最も適していると私達は考えます。