• 松本城

すてきな家具に出会える街 松本

民芸とクラフトの街、「松本」。松本市は、長野県の中部に位置し、山々に囲まれた自然豊かな場所です。国宝松本城をはじめ、なまこ壁の蔵造りが特徴的な町並みは国内のみならず、海外からも高く評価されています。この町は、古くから和家具の生産が盛んで大正末期には生産量が日本一にまで発展したと言われています。ところが、先の戦争の影響により一時生産中止に追い込まれてしまいます。しかし、戦後間もない1948年に柳宗悦との出会いを得た池田三四郎が民芸運動に参画し松本の木工産業の復興を図ります。民芸運動が、多くの人々の力によって戦後の松本で盛り上がったことがきっかけとなり、民芸という思想が松本にも根付いていくことになります。

松本民芸家具では、組手・継ぎ手などの伝統ある和家具の技術を継承すると同時に、椅子を中心とした西洋の生活様式を日本の生活に取り入れるため、イギリスのウィンザーチェアをはじめとする諸外国の家具技術を研究して製作を行ってきました。松本には、松本城をはじめ国宝旧開智学校や重文旧松本高等学校校舎など歴史的な建造物が多く保存されています。このような古い町並みは、まるで明治や大正にタイムスリップしたかのようなどこか懐かしい感覚を抱かせます。ここでは、そんな松本の街並みを楽しみながら「松本民芸家具」に触れることの出来るお店をいくつかご紹介して参ります。

COVID-19感染拡大による各店舗の営業時間変更等が行われている場合があります。
ご注意ください。

松本ホテル花月

ホテルロビー、レストラン及び客室の一部で、沢山の松本民芸家具が使用されています。また、ホテル併設の「喫茶室 八十六温館(やとろおんかん)」は、松本民芸家具の創業者である池田三四郎が設計に関わっており、家具と調和した内装も必見です。

 

松本ホテル花月 外観住 所 :長野県松本市大手4-8-9
電話番号:0263-32-0114
喫茶室 八十六温館(やとろおんかん)
営業時間:7:00~20:00
定休日 :無休
駐車場 :あり
アクセス:[徒歩]JR松本駅より徒歩15分
[バス]アルピコバスターミナル 信大横田・浅間線もしくは、タウンスニーカー「上土町」バス停下車1分

しづか

昭和20年創業の老舗の居酒屋です。店内は、松本民芸家具を中心に濃茶を基調としており、まるで古民家に居るかのような落ち着きを感じることが出来ます。

 

しづか 外観住 所 :松本市大手4-10-8
電話番号:0120-11-8073
営業時間:12:00〜22:00(L.O. 21:30)
定休日 :日曜日・祝日(振替休業・営業日有り)
駐車場 :あり(店舗両側に駐車場がございます)
アクセス:[徒歩]松本駅より徒歩16分

女鳥羽そば

松本市中心部を流れる女鳥羽川。その川沿いに、昭和27年から店を構える蕎麦屋があります。「松本市景観賞」を受賞した蔵造りの建物の内部は、松本民芸家具で統一されており和の趣を感じます。これらの家具は、先代から引き継がれたものを大切にしながら、その度ごとに新しく用意された松本民芸家具をおりまぜて、日々使われています。

 

女鳥羽そば 外観住 所 :長野県松本市中央3-4-8
電話番号:0263-35-8502
営業時間:11:00~L.O. 19:00
定休日 :水曜日 及び 第三火曜日
駐車場 :あり(7台分)
アクセス:[徒歩]松本駅から徒歩15分

珈琲まるも

昭和31年創業の喫茶店です。こちらのお店は、設計に池田三四郎が携わったと伝えられており、開業当初には民芸運動の創始者の柳宗悦も度々ご来店されました。クラシック音楽と、コーヒーの香りがより一層家具の重厚さを惹きたてており、シックな雰囲気の店内です。

珈琲まるも 外観住 所 :長野県松本市中央3-3-10
電話番号:0263-32-0115
営業時間:4~10月 [月~日] 8:00~18:00
11~3月 [月~金] 9:00~18:00  [土・日・祝] 8:00~18:00

定休日 :年末年始
駐車場 :なし *近くにコインパーキングあり
アクセス:[徒歩]松本駅から徒歩15分
[バス]タウンスニーカー「はかり資料館」バス停下車すぐ

使い込んだウィンザーチェア

このように、松本では、至る所で日々大切に使われている「松本民芸家具」に出会えます。時を重ね、丁寧に扱われる家具は、美しく経年変化していくことがお分かりいただけるかと思います。今回ご紹介させていただいた以外にも、松本民芸家具をご使用されている店舗や寺院などが松本市内には多数ございます。ぜひ皆さまも散策し探してみてください。また、より多くの製品をご覧になりたい方、座り心地を体験されたい方は、ぜひ中央民芸ショールームにお越しください。